スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鐘山苑の太鼓と石川 遼選手

富士山の麓の富士吉田市に鐘山苑(かねやまえん)という
旅館(ホテル)があります。

先月ある例会で初めて訪れましたがすばらしいホテルでした。
広いお庭に源泉かけ流しの露天風呂にきれいなお部屋、
美味しい食事に温かいサービスと至れり尽くせりなのです。
部屋から拝める眼前の壮大な富士山もすばらしい。

私が一番感動したのは和太鼓の演奏でした。
何とも勇壮な響きが夜の1階ロビーの特設会場で繰り広げられるのですが、
びっくりしたのは演奏者が全員、同旅館の社員さんとのこと。

夜8時頃からの演奏で、気合十分、
汗びっしょりという感じの熱演です。
男性も女性もいます。
ほぼ30分、みな一生懸命太鼓を打ち鳴らしています。
どなたの発案なのか伺いませんでしたが、
感動が伝わってきます。

その後は広大な庭に移動して演奏した社員さんが手作り野菜の
手作りスープを振舞ってくれます。

このホテル、富士吉田市には珍しい高層旅館なのですが、
3棟もある広大な面積。お風呂に行くにも迷子になるくらい
ですが、最初は小さな民宿からスタートしたとのこと。
同行の方も「経営者に会ってみたいねえ」という声。
社員さんもみなすばらしい旅館でした。

たまたま泊まった日はゴルフの石川 遼選手が3階に
宿泊しているとの極秘情報。
近くのゴルフコースで「フジサンケイクラシック」の大会真っ最中でした。
石川 遼選手のような有名人は残念ながら
この太鼓演奏をみるために衆人が集まるロビーには来られない
だろうなあと余計な心配。

考えてみれば有名人ってみんなが入る温泉とか露天風呂とか
入りにくいだろうなあ。仕方なく部屋のお風呂に入るのかしら。

大会中の数日間、恐らく夜は部屋でじっとしている精神的強さを思います。
翌日曜日の最終日、石川 遼選手は同大会に優勝するのでした。

何だかとても身近に感じられてうれしい思いをしました。




遺言信託・不動産信託がおすすめです

資産家の方や地主の方にとって相続税は心配のタネかもしれません。

ご本人が亡くなられてから相続税はかかるので、
実は大変なのは残された相続人や親族の方々です。

「相続対策」には3つの段階があります。

1 「争続対策」・・・分けられるのか

 まずは、これが大事です。分割協議が整い円満に
相続が行われることが大事。
自宅と貸家アパートと現金1千万。
兄弟が3人いたらどうしましょう。
長男に自宅、次男にアパートとうまくいけばよいですが、
三男が遺留分請求をした場合には現金1千万円では
不足するケースがあります。共有は将来が大変。

 きちんとした遺言状を書いておくことも一法ですし、
分けられない場合には事前に保険に加入するなどして
現金を用意することを考えておかなくてはなりません。
相続税の世界では保険金は500万円×法定相続人の数だけ非課税ですので、
現金で持っているよりも有利です。
 保険金は原則遺留分の対象外ですので、
代償分割の原資としては有効に活用できるのではないでしょうか。

 先ずは現在の財産を洗い出し、分けられるのか考えてみましょう。


2 払えるのか

 財産の洗い出しをすると相続税の試算をすることができます。
 今、もしも万が一のことがあった場合にはいくらかかるのか。
小規模宅地の減額特例等も税制改正が行われておりますので、
その都度、大まかな税額を把握しておく必要があります。
 財産の中から相続税を支払うことができないのであれば、
相続人は借入をしてでも払わなくてはなりません。
延納は利息の負担が重い。物納も決して簡単な方法ではない。

 やはり相続財産の現金の中から相続税が支払えることが
相続人にとっては安心なのです。



3 減らせるのか

 ここまできて初めて相続対策です。
遊休土地の活用、資産の組み換え、法人の設立、保険の活用、
生前贈与等、手法はいろいろあります。
じっくり専門家と相談すべき段階です。

 最近のおすすめは信託です。

相続人はサラリーマンで多額の借金をして貸家建築は
消極的なケース。
不動産信託の方法ならば、信託期間中は信託会社へ
所有権が移りますが、不動産管理から借入金の返済、
固定資産税の負担まで信託会社が支払ってくれます。
信託報酬を差し引いた毎月の収入だけが契約期間中、
振り込まれてきます。

 借入をして賃貸物件を建設する不動産信託の場合、
相続が発生した場合には財産評価は個人で行った場合と
変わりません。
土地は同様に貸家建付地評価減、建物は借家権控除。
借入金については債務控除もとることができます。

30年程度経過して借入金返済が終了した頃に
信託契約は終了し、土地建物は相続人に戻ってきます。

また2次相続についても信託の受益者を指定できますので、
遺言ではカバーし切れない対応を行うことができます。
相続人がまだ未成年(18歳、19歳など)で多額の財産が手に入ると
あまりよくない場合などにも効果的です。

遺言をされる場合も遺言信託という方法があり、
遺言状の管理料(預ってもらう費用)は亡くなるまで
ずっと無料という手法もあります。
(最初に30万円程度の費用が発生します)
遺言執行までも含んで書いておけば、執行人が粛々と
対応してくれます。


弊社ではいつでも上記のすべてについて
ご相談に応じます。
ご興味のある方はいつでもご連絡下さい。



相続税がかからないという方(95%はそうですが)も
人ごとではありません。
現在家裁でもめている相続問題のほとんどは
財産が1億円以下、すなわち相続税はほぼかからない
方々なのです。

お亡くなりになった後、相続人の方々に
「何で一筆書いといてくれなかったんだ」と
うらまれてはかないません。

お元気なうちに適切な対応を行っておくことは
次の世代の方のためにはとても大切なことなのです。

三連く

あろうことか三連休の初日に熱が出た。
子供みたいだが年に一度か2年に一度くらい
扁桃腺が腫れて熱が出てしまうのだが、
自分の身体に予告なしの先週の約20キロランが
こたえたのかもしれない。ここのところ忙しい日々だったからか。

「三連休」ならぬ「三連苦」であった。
 結局昨夜も37度7分で睡眠に入り、かろうじて今も倒れずに
すんでいる。

 発熱で困るのが締め切りのある仕事である。
実はある原稿が本日21日(火)締め切りであり、
18日(土)に最後の完成をする予定で1日
空けておいた。そのタイミングでの熱発。

結局昨日20日(月)、火照る身体をだましだまし事務所に出社して
最後の画竜点睛(がりょうてんせい)を
行うこととなる。

 もちろんずっとほっておいた訳ではなく
自分的には99%完成していたのだが、
初めてのテーマでもあり、ぎりぎりまで
完璧を目指したかった。
 結果は自分の甘さであり、もっと早く
いい意味での満足化基準で仕事をアウトプット
しておかなくてはいけなかったのだ。


 セミナー講師の仕事も代打がきかない。
こればっかりは体調が悪いので、延期させて下さいとは
言えない。冠婚葬祭も言い訳にならない。
その意味ではセミナーを年間100本とか
やられてる方ってものすごいです。

 来週28日に弥生㈱さんの
「ベンチャー節税セミナー」の講師を行う予定。

発熱のタイミングで昨日小学校の同級生のK氏からメール。
彼は京都造形芸術大学の准教授なのだが、
就職活動直前の学生向けに経営や経済の実態に
ついて講義をしてくれとのこと。
(若い将来ある方々向けに私でいいのか疑問ではあるが)
紅葉を見るのを目的に喜んで快諾。11月にいざ京都へ行って
楽しんできます。

ちなみに京都造形芸術大学の副学長は秋元 康氏で
同大学の校歌は秋元氏の作詞。AKBによる校歌披露も
昨日行われた。(らしい)
またAKB48の衣装の一部は同大学の学生さんが
デザインしたもの。(らしい)
友人Kも指導したのかもしれないが、ファンには
たまらないものだろう。
材料の一片でもこっそり拝借して見せびらかしてあげようかとも
思う。

また本日旭化成ホームズさんが来社。
10月31日(日)に品川インターシティで
地主さん向けのセミナー講師を行うことが決定。

 すべては身体が基本。
せっかくご依頼頂いた方々と、ご来場頂く方々に
聞いてよかったと思って頂けるよう
あらためて体調管理の大切さを痛切に感じた三連休でした。

2時間ラン完了

一昨日2時間ランニングを実施した。
最初はそんなつもりはまったくなく、1時間ランのつもりで
走り始めたところ、意外に身体が軽い。
1時間近く走っても疲れない。足もOKだ。
それなら、よしと1時間半、2時間と走り続けた。
 
普段と違うのは帰宅途中、横浜駅前で
立ち食いのうどんを食べたこと。
ふだんは空腹で走るのでガソリン切れなのかもしれない。

 しかし走り終わると走行距離が知りたくなる。
さて、私はいったい何キロ走ったのだろう。
想定外のコースを想定外に走った。
普段のコースならここのセブンで3キロ、
この横断歩道でちょうど5キロなどと
自宅からの距離は把握しているのだが、
今回は分からない。

 それならと翌日、車で測ることに。
ネットで地図上をクリックすると距離が
分かるサイトもあるのだが、私は車でいちいち
測るのが好きである。
 仕事で遅くなり帰宅は22時を過ぎていたが、
翌朝は会議で早起きしなくてはならないのに、
夕飯も食べず、着替えもせず、前日のコースを
車でひた走る。ビールも飲まずに(当たり前だ)。

 戸塚や原宿の交差点あたりはまだ混んでいて
車で通過するのも時間がかかる。

 結果19.5キロ。ちょっとショックでした。
予定では30分5キロなので、2時間走れば20キロのはず。
ほぼ同様のペースが持続できれば
フルマラソンを4時間半以内で完走できる。
確かに坂道が多いのですが、実は5キロ25分以内くらいの
心づもりでいたので、ペースはまだまだ遅いのでした。

 それにしても横浜は坂が多い。
自宅から東西南北どちらに向かっても坂がある。
走ってみてわかったことは、たいがいの道路は
若干の傾斜があるということ。
わずかな傾斜でも3キロくらい続くと身体への
負荷がはっきりわかります。

ずっと平坦な道なんてあるわけないか。

 フルマラソンまであと79日。
あばら骨のひびが完治後の通算ランニング距離はまだ88.5キロ。
あせる。

次の目標は3時間ラン、30キロ。
それにしてもいきあたりばったりのフルマラソン出場計画である。

10月9日(土)、10日(日)の横浜ウォーキング大会、
ツーデーマーチは何と40キロコースが設定されている。
出てやろうかと思っている。


しかしひとつ学習。
走る1時間前のうどんはよい。

固定資産税に税金がかかる?

不動産を譲渡したときに売主と買主が固定資産税相当額を日割りして
調整金をやりとりすることがあります。
関東では1月1日を起算して日割り計算しますが、
関西では4月1日を起算日として計算すると聞いたことが
あります。

 さてこの固定資産税相当額の調整金ですが、
売却代金に含んだ金額で譲渡所得の金額を
計算しなければなりません。

 7月1日に5千万円で売却した不動産で固定資産税が
10万円かかっている場合、調整金は約5万円になります。
買主は売主に5万円を支払い譲渡価額は
50,050,000円になります。
契約書の売却代価5千万円と書いてあっても
関係ありません。

 固定資産税は1月1日に所有していた方が支払う
税金であり、その後の調整金は税金そのものではなく
譲渡代価を構成するものである。
これが大方の見解なのですが、異議を唱えている
税理士がいます。

 もしそうであるならば不動産所得の申告で
年度の途中で売却や相続した物件に係る固定資産税を
費用化するときは日割り(または月割り)按分を行うではないか。
上記の論法で期間按分の考え方がないならば、日割りせず
1月1日に係る固定資産税を全額経費にして
よいことになる。

 なるほどである。

 しかし現在の税務署はどこも前者の見解であるので、
年度の途中で売却した物件の固定資産税を
全額費用化して申告していたら否認するであろう。

 相続税と所得税の二重課税について最高裁判決が
出たが、あれも主婦が最初は税理士に依頼せず
ご自分お1人で異議申立てから始めたと聞く。

 固定資産税相当額の譲渡代価について
異議申立、審査請求、訴訟を行って見解を正すという方。
いらっしゃっいましたらご一報下さい。

 ときに固定資産税の調整金部分も代価に含まれるのであれば
当然そこにも税金がかかります。
上記の例で5万円部分には1万円~2万円(長期20%・短期39%)の
所得税がかかります。
 売主の場合に「固定資産税の調整金はサービスしときますよ」等
と譲歩してその他の価格交渉等でアドバンテージをとったほうが
結果有利な状況もあるかもしれません。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

しだたうどんあ

Author:しだたうどんあ
税理士、中小企業診断士の安藤です。
マラソン、手品、生ビール(発泡酒含む)にはまっています。
税金だけではなく企業経営の悩みごと、個人資産の悩みごとなど
ご相談下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。