スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カード・マジックと守・破・離

トランプ手品が好きだ。どんなものでも奥は深いものだが、この世界も深過ぎる。

カードは54枚あり暦を表している。
1から13までが4種類。

全部合計すると364になる。
ジョーカー1枚でちょうど1年365日あり、
もう一枚のスペアジョーカーはうるう年を表す。

ハート、スペード、ダイヤ、クイーンにもそれぞれ
愛情、死・運命、財貨などの意味がある。
(諸説あり)
ジャックやキングの顔の向きは
ハート、スペード、ダイヤ、クイーンによって異なり、
それぞれ意味があるのだ。
ハートのジャックはまだ若いからハートのほうに
顔を向けているけど、キングはハートには顔を
直接向けていないなど、細かなところが違う。

ハート、スペード、ダイヤ、クイーンの並び順も
とても大切で、相手の思ったカードが1枚だけ
裏向きになって出てくるマジックは
この並びを覚えて素早い暗算ができないと成立しない。

セロやムッシュ・ピエールの同様のマジックを
映像で見ると、タネは同じであるが、もっと
独特の完全オリジナルの並べ方をしているようである。
プロはさすがである。
54枚の並びをすべて覚えることくらい実は
(簡単とは言わないが)できるのです。



手品はネタがわかってしまうと「なあんだ」であるが、
トランプ手品はネタがわかっても実際やってみると難しい。
地道な練習の世界である。

フジイアキラ氏のようなテクニックはアマチュアからは
神業に見える。
一番上のカードを真ん中に入れると、一番上にあがってくる
技がある。これなどタネ通りにフジイ氏がやっているとは
思えないほど見事である。

今はネットでもかなりのネタ(技)が公開されているし、
販売もされている。
ユーチューブなどでもかなりの量の動画が見れるし、
ハンズでも簡単にできるものが売っている。

みなさま何かの集まりや宴会、飲み会の際には
ぜひマジックをご利用下さい。

私も下手の横好きでずっと手品が好きだと言い続けていたら、
やってくれというお話がぽつぽつと出始めました。
ありがたいことです。

手品は資格や検定などなく、誰でもできるのでよいものです。
マジック・バーのデビューを目標にしています。

人間はやはりネタのほうを見たり、気にしたりしてしまいます。
自分の筋肉や思考をだまして反対の動作を自然に行うことがコツ。
もちろん大切なのはネタではなく、
間、空気、場、しゃべり、お客さんの視線や動作、
何よりその場全員が楽しめるかどうか。

その意味でもみなさん、タネを見破ろうとみるのは
やめましょう。楽しみましょう。

伝統芸能や職人技には「守」「破」「離」があります。
まずは古典的なかたちを覚えて、一部伝統を壊してアレンジし、
最後は自分流のかたちを完成させる。

手品は「守」「破」「離」を短期間で体感することができます。
練習中は暗いので、人に見せられるものではありませんが
不思議な楽しい世界です。



スポンサーサイト
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

しだたうどんあ

Author:しだたうどんあ
税理士、中小企業診断士の安藤です。
マラソン、手品、生ビール(発泡酒含む)にはまっています。
税金だけではなく企業経営の悩みごと、個人資産の悩みごとなど
ご相談下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。