スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遺言信託・不動産信託がおすすめです

資産家の方や地主の方にとって相続税は心配のタネかもしれません。

ご本人が亡くなられてから相続税はかかるので、
実は大変なのは残された相続人や親族の方々です。

「相続対策」には3つの段階があります。

1 「争続対策」・・・分けられるのか

 まずは、これが大事です。分割協議が整い円満に
相続が行われることが大事。
自宅と貸家アパートと現金1千万。
兄弟が3人いたらどうしましょう。
長男に自宅、次男にアパートとうまくいけばよいですが、
三男が遺留分請求をした場合には現金1千万円では
不足するケースがあります。共有は将来が大変。

 きちんとした遺言状を書いておくことも一法ですし、
分けられない場合には事前に保険に加入するなどして
現金を用意することを考えておかなくてはなりません。
相続税の世界では保険金は500万円×法定相続人の数だけ非課税ですので、
現金で持っているよりも有利です。
 保険金は原則遺留分の対象外ですので、
代償分割の原資としては有効に活用できるのではないでしょうか。

 先ずは現在の財産を洗い出し、分けられるのか考えてみましょう。


2 払えるのか

 財産の洗い出しをすると相続税の試算をすることができます。
 今、もしも万が一のことがあった場合にはいくらかかるのか。
小規模宅地の減額特例等も税制改正が行われておりますので、
その都度、大まかな税額を把握しておく必要があります。
 財産の中から相続税を支払うことができないのであれば、
相続人は借入をしてでも払わなくてはなりません。
延納は利息の負担が重い。物納も決して簡単な方法ではない。

 やはり相続財産の現金の中から相続税が支払えることが
相続人にとっては安心なのです。



3 減らせるのか

 ここまできて初めて相続対策です。
遊休土地の活用、資産の組み換え、法人の設立、保険の活用、
生前贈与等、手法はいろいろあります。
じっくり専門家と相談すべき段階です。

 最近のおすすめは信託です。

相続人はサラリーマンで多額の借金をして貸家建築は
消極的なケース。
不動産信託の方法ならば、信託期間中は信託会社へ
所有権が移りますが、不動産管理から借入金の返済、
固定資産税の負担まで信託会社が支払ってくれます。
信託報酬を差し引いた毎月の収入だけが契約期間中、
振り込まれてきます。

 借入をして賃貸物件を建設する不動産信託の場合、
相続が発生した場合には財産評価は個人で行った場合と
変わりません。
土地は同様に貸家建付地評価減、建物は借家権控除。
借入金については債務控除もとることができます。

30年程度経過して借入金返済が終了した頃に
信託契約は終了し、土地建物は相続人に戻ってきます。

また2次相続についても信託の受益者を指定できますので、
遺言ではカバーし切れない対応を行うことができます。
相続人がまだ未成年(18歳、19歳など)で多額の財産が手に入ると
あまりよくない場合などにも効果的です。

遺言をされる場合も遺言信託という方法があり、
遺言状の管理料(預ってもらう費用)は亡くなるまで
ずっと無料という手法もあります。
(最初に30万円程度の費用が発生します)
遺言執行までも含んで書いておけば、執行人が粛々と
対応してくれます。


弊社ではいつでも上記のすべてについて
ご相談に応じます。
ご興味のある方はいつでもご連絡下さい。



相続税がかからないという方(95%はそうですが)も
人ごとではありません。
現在家裁でもめている相続問題のほとんどは
財産が1億円以下、すなわち相続税はほぼかからない
方々なのです。

お亡くなりになった後、相続人の方々に
「何で一筆書いといてくれなかったんだ」と
うらまれてはかないません。

お元気なうちに適切な対応を行っておくことは
次の世代の方のためにはとても大切なことなのです。
スポンサーサイト

固定資産税に税金がかかる?

不動産を譲渡したときに売主と買主が固定資産税相当額を日割りして
調整金をやりとりすることがあります。
関東では1月1日を起算して日割り計算しますが、
関西では4月1日を起算日として計算すると聞いたことが
あります。

 さてこの固定資産税相当額の調整金ですが、
売却代金に含んだ金額で譲渡所得の金額を
計算しなければなりません。

 7月1日に5千万円で売却した不動産で固定資産税が
10万円かかっている場合、調整金は約5万円になります。
買主は売主に5万円を支払い譲渡価額は
50,050,000円になります。
契約書の売却代価5千万円と書いてあっても
関係ありません。

 固定資産税は1月1日に所有していた方が支払う
税金であり、その後の調整金は税金そのものではなく
譲渡代価を構成するものである。
これが大方の見解なのですが、異議を唱えている
税理士がいます。

 もしそうであるならば不動産所得の申告で
年度の途中で売却や相続した物件に係る固定資産税を
費用化するときは日割り(または月割り)按分を行うではないか。
上記の論法で期間按分の考え方がないならば、日割りせず
1月1日に係る固定資産税を全額経費にして
よいことになる。

 なるほどである。

 しかし現在の税務署はどこも前者の見解であるので、
年度の途中で売却した物件の固定資産税を
全額費用化して申告していたら否認するであろう。

 相続税と所得税の二重課税について最高裁判決が
出たが、あれも主婦が最初は税理士に依頼せず
ご自分お1人で異議申立てから始めたと聞く。

 固定資産税相当額の譲渡代価について
異議申立、審査請求、訴訟を行って見解を正すという方。
いらっしゃっいましたらご一報下さい。

 ときに固定資産税の調整金部分も代価に含まれるのであれば
当然そこにも税金がかかります。
上記の例で5万円部分には1万円~2万円(長期20%・短期39%)の
所得税がかかります。
 売主の場合に「固定資産税の調整金はサービスしときますよ」等
と譲歩してその他の価格交渉等でアドバンテージをとったほうが
結果有利な状況もあるかもしれません。

元気を頂戴しました。

 本日は営業で中目黒へ出かけました。
約束の時間より早く着いたので周囲を散策。
普段あまり接近しないエリアですが、
ちょっと歩くと豪邸がずらり。
すっごいですねえ。芸能人のお宅的な外装ばかり。

 タイムパーキングにベンツが止まり、
走ってる車もBMWばかり。平日午前中なのに
ハイヤーも多くみかける。

 すげえなあ、庭にテーマパークみたいな階段があるよ。
と覗いてみるとエジプト大使館でした。

ランチしてる人もおしゃれだよ。みんな楽しそう。

 伺った新規のお客様もとてもすばらしい方で、
心が洗われる思いでした。お土産に名物の
お菓子を頂戴して帰ってまいりました。
まだ発表できませんが、近々大手百貨店で
扱いはじめるとのこと。

大当たりしそう。

 お客様のご紹介ですが、みなすばらしい方は
つながっているのだなあと思いました。

 今朝はちょっと体調が悪く、早起きしての
ジョギングをお休みしたのですが、
お話をしていたら元気を頂き
治ってしまいました。
 ありがたいお話ですね。

池袋で思い出した税理士試験

 今日はあるセミナーで池袋へ行ってきました。

そういえば、昔税理士試験を受けていたときに
池袋で前泊したなあと思い出しました。

当時は神奈川の西部に住んでいたため、試験会場である
立教大学や早稲田大学への道程は遠く長く、
不利があると思っていたからです。
今なら「たかだかそんなこと」と思いますが、当時は
神経を使いました。

昔は試験会場に冷房が入っていなかったため、
札幌等の涼しいエリアへ出張受験していた人も。

私はサンダルを持参し、試験会場で履き替えたりしました。
フェイスタオルに普通のタオル、着替えのTシャツも
用意しました。
まるでスポーツの試合に行くようです。

ペンにもこだわりました。速く書くには最適と
思われるものを探し、使い続けていたボールペンは
馴染んでいるので、芯だけ替えたりしました。

もちろん電卓は同じものを2台持参。
万が一、試験中に電卓が使えなくなってしまったら
もうその年はおしまいです。試験中は誰も電卓など貸してくれません。
電卓がわりに携帯など取り出そうものなら
不正受験と思われ、翌年からの受験が危うくなります。

当然電卓はブラインドタッチですので、同じメーカー
同じ機種でないといけません。
1度、ずっと使っていた機種が発売中止になったことがあり、
次の機種に慣れるのに苦労しました。

試験用紙を配られると、開始前でも裏側から理論問題の文字が
透けて見えたりします。
「青色」なんて文字が見えるだけで答案を瞬時に
考えるものです。脳細胞はほぼ税法知識で
埋まっている瞬間なので、文字には敏感です。
おかしな世界です。
私は先入観が入るので、開始まで見ないようにしましたが。

試験話はいくらでもありますが、あの暑い夏の日が
今日につながっています。
タイムマシンがあってあの時の自分に会えたら
「失うものはあるけど続けるように」と言うでしょう。


日本全国の競争テストです。

努力だけでは受かりません。
合格者レベルができることは、絶対に同じように
できなくてはいけません。
ケアレスミスをしてしまうと合格しません。
ケアレスミスをするようではこの試験は受かりません。

そんなことを思い出しました。

今年も8月第1週は税理士試験。年に一回のまさに
一発勝負。

絶対にあきらめずに受験生の方はベストを
尽くして下さいがんばってください。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

しだたうどんあ

Author:しだたうどんあ
税理士、中小企業診断士の安藤です。
マラソン、手品、生ビール(発泡酒含む)にはまっています。
税金だけではなく企業経営の悩みごと、個人資産の悩みごとなど
ご相談下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。